なならの丘デンタルクリニックの治療方針

精密機器(ルーペ・マイクロスコープ)による治療

ルーペ(拡大鏡)を使った治療


小さな変化に気づく拡大鏡メガネ

当院において、歯科医師や衛生士は機械のようなルーペメガネを使用しており、それを使いこなした診療に、多くの患者様が関心を持たれます。

ルーペをかけると対象物が3〜10倍に拡大されるため、ちいさな変化でも気づくことができます。専用のライトを装着すれば、通常の診療ライトよりも明るく照らすことができるので、大変よく“見え”ます。

初期のむし歯や詰め物の僅かなすき間、歯ぐきの中に隠れた歯石汚れなどの見落としが減り、診査が正確に行えるのです。
ルーペを使って、“正確”で“精密”な治療を行い、患者様の大切な歯をお守りいています。


マイクロスコープ(顕微鏡)治療


もともと医科用顕微鏡として有効に使われていた顕微鏡ですが、20年ほど前から、歯の治療に用いられるようになりました。

ルーペよりも高倍率の視野を確保できるので、使用しないと発見することがきびしい小さな変化も確認することができます。
とても狭い部分の診査、たとえば、未治療の根管、根の中の汚れ、歯根のひび割れなどの診査に威力を発揮します。

ある患者様のケース

  1. 「根の治療が長期間続いて痛みが消えない」と他院で治療中の患者様がご来院。
  2. 歯科用顕微鏡で未処置の根を確認。根を治療。
  3. 痛みがおさまり、安心して噛めるまでに回復。

肉眼で確認するのは大変むずかしい状態でした。
この歯科用顕微鏡は当院で毎日とても活躍しています。“視える化”したことで、治療の精度が飛躍的に向上しました。
顕微鏡を使った精密根管治療は、ここ数年で高い治療成績をおさめています。


お気軽にご予約ください。

052-618-6480